2009.04.10

おひとりさま事情--バランス・続。。。

そう云えば、似たような主旨の記事を書いたことがあるような気がして。

捜しました。ありましたよ。---

笑ってしまいますが、ちょうど1年前。

桜が散り始めると、こんなことを、考えるのかな (・・∂)

 

前の記事を書いた1年前は、パチ通いはしていなかった。したいとも、思っていなかった。

多額の借金に、ヒリヒリしていたから。

今、状況が改善されたわけではなくて、慣れてしまったのですよね。恐ろしいことに。

だから。

1年前の記事の問いに、自分で答えます。

>ワタシはまた、なにがしかの火種を探すのでしょうか?

そうなんでしょうね。

 

ふと、思うのだけれど。

だとしたら、100年に一度の大不況の今は、ワタシにとって、居心地のいい世界なんでしょうか。

なんだか阿修羅ですよね。

 

どんどん、バランスってことと、離れてますが。

でも、普段の穏やかな生活も、仮面じゃないし。

これが、ワタシのバランスなんでしょうね。

 

もうひとつ。

ワタシには、色気はないが、毒気はあるのです。かなり。

そして、毒気のあるヒトに、惹かれます。男女問わず。

惚れた腫れたと騒がないのは、劇毒に出会ってないからなのか?

生活の中のヒリヒリは、つまり毒気なわけなので、やっぱり共通点があると思ってしまうのですけど。

 

どんどん、まとまらなくなっていくので、お仕舞い。

結論は、ありません。

……ってか、ワタシは、毒気がないと、活きられないヒトです。ってかな (・_・)......ン?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.04.09

おひとりさま事情--バランス。。。

ちょっと前に、ゆらゆらと考える……と書いたまま、記事を書いていない。

忘れて、遊び呆けたわけでもなくて、下書きまでは、何度か書いたのだけれど。

ヒトを苛立たせるために、ブログやってるわけではないし、落ち込ませたり、追い詰めたりしそうなのも、とんでもないし、単なる、親の悪口になっても、しょうもないし。

そんなわけで、すべてお蔵入り。

結局は、このカテゴリーにある記事すべてに繋がることなので、いつか書ければ、少しずつ、書くかも……だけれど。

 

今回は、別のハナシ。

長文で、結論もなくて、ちょっと暗いハナシです。ご注意を。

 

インスタントやレトルトの食品を避け、昆布としいたけで、和風だしをとり、玉ねぎやセロリで洋風だしを作って、料理をする。

プランターで、野菜を育てる。

エアコン嫌いだったり、石鹸、化粧品類は、合成界面活性剤などを使用していないものを愛用。

なんだか、なんんちゃってLOHASな感じなわけです。

野菜作りは、最近のことだけれど、植物とは、ずっと暮らしているし、経済的理由に関わらず、もともとの生活スタイルが、こんな感じ。

小さな畑のある田舎家で、静かに暮らせそうな感じ。

それから。

以前、勤めていた会社でも、今の取引先とでも、仕事をする社会人としては、まぁ、真っ当なのです。

仕事好きと思われていることの、是非はともかく、一定の、評価と信頼は、得ていると思う。

自分で云う、ハナシじゃないですが。

もちろん、支えてくれたり、チャンスを頂いたり、そんなことにも、感謝はあります。

ここまでは、総合的に見て、まぁ、真っ当な人間にみえる気がする。

 

ここで、不発弾の存在なのです。

連日、パチ屋に通っております。

パチの是非が、問題なのではないです。パチを悪者だとは、思っていません。

パチを不発弾と呼ぶのは、ワタシのスタンスの問題なんですよね。

先日から、怪物台を追っかけているのですが。

正直、楽しいのです。

それだけ、毎日ツモれれば、そりゃ楽しいでしょ……っていわれそうな状況なのですが、その前に、家賃を吹っ飛ばすような金額を--投資--しています。

当たるも八卦で、入れたお金ではなく、ワタシ的に理由のあることだったので--投資--。

……とはいえ、必ず回収可能な保障は、ないのですよね。ギャンブルなんですから。

 

仕事が動かないことを心配し、夏のアルバイトを検討し、家計簿を付け、派遣村や湘南のホームレスのハナシを、他人事ではないと思う。真剣に。

その背景があって、クレイジーな投資があって、そのうえで、ツモる。

ツモったとはいえ、怪物台なので、いつでも、形勢は逆転する。

そんな状況が、楽しい。

……ってか、活きてる気がする。

リスカの経験はないし、周りにもいないのだけれど、なんだかちょっと似ている気がする。

 

無理して、なんちゃってLOHASをやってるわけでもない。生活も、仕事も、楽しんでいるし。

それでも、不発弾を抱えていないと、バランスがとれない。

そんな感じ。

誰にでも、そんなものは、あるのかな。

 

不良オヤジたちと、呑んだときのこと。

お前は、惚れた腫れたと、生きる死ぬの大騒ぎをしてないから、色気が足りない……と、散々云われたのだけれど。

ワタシの、生きる死ぬの大騒ぎにつき合わされたら、そのヒトは、ボロボロになりそうですよね。

なんせ、1パチも、甘も、ミドルも物足りない、怪物希望なわけですから。

内心わかっているから、本気で恋愛しないのだろうか……と思いましたが。

どうなのだろう。ね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.23

おひとりさま事情--感情。。。

少し時間の経ってしまったハナシ。

ブロガー仲間さんのところで、--ワタシには感情がない--という、なんとも説明不足なコメントを残したのだけれど。

そう思うには理由があって、それは子供のころのことで、母親が関係している。

その出来事を書いてはみたものの、読み返して、笑ってしまうくらい、殺伐とした親子関係で、記事のアップを断念した。嘘じゃないけれど、そこだけ切り取ってしまうと、受け取る側には、歪曲されて伝わってしまうとか、そう云う感じ。

 

もちろん、喜んだり、笑ったり、怒ったり。

当然、感情はあるのだけれど、ここで云うのは、コントロール不能なほどの感情のことで、そう云うものは、あんまり……ってか、全くってくらい、感じないのですよ。

ベタなところで云えば、恋をして、何も手につかないとか。

そう云うことを考えながら、記事を書き直していて、気が付きました。

感情がないのではなくて、感受性が鈍いのです。ね。

鈍感なのです。たぶん。

 

それで、崖っぷち人間なのかもしれません。

ギリギリまで追い詰めて、痛いとか、苦しいとか、ヒヤッとするものをやっと感じて、安心するのかも。

ものづくりに、あこがれるのも、何かを感じていると、思い込みたいのかも。

手を動かして、考えて、感じられないことを、埋めているような気がします。

 

このカテゴリーに入れるのは、変かもしれないのだけれど、過去記事と通じるものがあるような気がして、ここに入れました。

それに。

鈍いから、平気でおひとりさまでいられるのかも。

周りにも、おひとりさまはいっぱいいますけど、ふとした時に不安になると、皆、云います。

それさえ、ないのです。

 

鈍いことは、楽なことなのですけど、そこにはそれなりの、欠落感があるような気がします。

だから、プールの底。

深いプールに潜って、水面を見上げたことはありますか?

プールサイドの喧騒は届かなくて、水面のきらめきも遠くて、ひんやりと薄暗い場所のイメージ。

海とは違って、無機的な世界。

ときどき、そんな場所にいるような、気がします。

 

考えてみたいテーマだったので、書いてみました。

それで、何かが変わるってことでもないのだけど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.06.20

おひとりさま事情--老後。。。

グリーンローズ。満開なんですw

Greenrose_080620

今日も、降りそうで降らない、どんよりなお天気。

本日も仕事日。

今週は、机の到着を待ってそわそわしてたり。ままごとDIYだったり。

なし崩し的に休日模様を過ごしたので、週末は仕事の予定。

月曜日には、納品。

 

さて、本題。

ウォーキング。玄米。最近、健康志向っぽい雰囲気ですけど。

別に、いつまでも健康で長生きしたいとは、思ってないのですよね。

ただ、生きてる限りは、なるべく健やかでありたい。

それから、できる限り現役で仕事していたい……ってか、現実的にそうせざるをえない状況でもあるだろうし。

 

頑張って働いて、リタイアしたら、ゆったりと老後を……って人生を望むような、歩き方をしてきていないわけで。

老後を考えるまでもなく、今でさえ、病気したらアウトな綱渡り生活だしね。

働くことは嫌いではないし。

ずっと続けていられるなら、それはありがたいことだと思う。

そう思えるのは、恵まれたことだと思う。

 

こんなことを考えたのは、新しい机のせいでもある。

これからの時間を過ごす相手として、どうして最終的にこいつを選んだのか……頭の片隅で、ぼんやり考えていて気付いたこと。

まず、ヒトとテーブルを囲むイメージは、やっぱりなかったらしいこと(笑。

カフェテーブルとは違って、一人使用なんだよね、こいつ。

アンティーク材を選んだこと。

以前なら、好きな材質の新しい家具にして、時間の変遷を楽しみにしたいと思った気がする。

それから、キッチン脇なのに、仕事もできそうな机であること。

いまでも、洗濯しながらとか、お鍋を火にかけたままとか、仕事しながら生活もしているけど。仕事もプライベートも、もっともっと溶け込んだ生活の方が、ずっと自然に続けられる気がする。

ワタシにとっては。

 

あまり意識的に、年をとった……って感覚はないけれど。

もちろん、数十年後の仕事のことなんて、うまく想像できないけどね。

ウォーキング、食生活、生活スタイル……、いろんなところで、無意識に老後を意識し始めてるのかな……と思った次第。

かたかた仕事しながら、楽しく暮らしていくには、これまでのスタイルでは通用しないと、どこかで思ってるのかな。

 

来月にはまたひとつ年をとりますが、それでも、まだ41歳。

もしかしたら、あと50年とか、生きてしまう可能性もあるわけで。 それなら、まだ、人生の折り返し地点にも立ってないことになりますけど。

それも驚くよね。

どこまで続くか、何があるのかわからない未来。

--老後。。。--ってタイトルほど、明確なビジョンはないまま。

当面の目標は、一生現役。

それでも、20代の頃ほど、無限の可能性があるわけでもない今。

無意識に、少し舵を切ったらしい自分を、面白く見つめてみました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.05.15

おひとりさま事情--コアcore。。。

紫陽花。寒さにも負けず、ぐんぐん育ってました。

Ajisai_080515

先日お蔵にした記事。

手直ししてみました。でも、微妙。

もちろん、他にも微妙なのはいっぱいあります。勢いでアップしたか、読み返して躊躇したか…の違いですけどね…。

 

仕事をしながら考えていたこと。ふたつめ。

コア(核)について。

自分を中心に2つの同心円。

内円のなかにあるのは、絶対に譲れないこと。大切にしているもの。ここがワタシのコア。

その外側に、結構好きなものから、どうでもよいもののグラデーション。

で、外円(外核)の外側が、絶対受け入れられないもの。大袈裟に云えば、自分の世界から消滅させてしまったもの。

身の回りにあるもの、仕事、人間関係にいたるまで、すべてがこの2つの同心円で描かれている気がする。

 

誰でも、そんなところはあると思うのだけれど。

たぶんワタシのは、このラインがあまりにもくっきりしすぎ。

それがヒトを傷つけることがあると知ったのは、大人になってからで、子供の頃は思い出しても激しかった。

小学校に上がる前から、下着まで、自分でセレクトしてました。嫌いなものは、絶対身に着けようとしないから…。

小学校2年生のとき、どうしても担任の先生と合わなくて、授業もテストもボイコット。子供なりの理由はあったのだけれど。

おもちゃをねだったり、わがままを云ったりしない子供だったのに、納得できない…と座り込んだら、とことん動かない。ひとり、部屋のすみっこで膝をかかえていた記憶は、いくらでもある。

 

一人前の大人のふりをしてるけれど、

今でもワタシはあのころのまま。

コアを守る為に、ヒトを傷つけるような人間ではありたくないけれど。

外核の外までも、包み込めるような強さにあこがれるけれど。

 

こんなことを考えたのは、もうすぐ、外からヒトがやってくるから。

まるで亡霊のように。

なるべく大人でありたいと思うけれど。

その日は、せめて太陽が輝いていますように。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.19

おひとりさま事情--恋愛 2。。。

そして、またグリーンローズ。

Greenrose_080419

恋愛 2。。。であります(恋愛 1。。。はこちら

本日、常識的な方にとっては、不愉快な内容になると思われます。ご注意を。

 

恋人のセレクト基準 -- いっしょにいて、居心地がいいかどうか。一緒にいたいかどうか。--

欠落している要素は、-- その居心地のいい相手は、独り者か?--でした。世間一般的には、必要要素ですよね?

 

il||li _| ̄|○ il||l

 

はい…、こちらが欠落してます。

居心地のいいヒトに、彼女がいようが、奥さんいようが、婚約者いようが、興味ありません。

そちらについては、どうぞお幸せに…と心から思います。本気で。

先に断っておきますけど、トラブルの種を撒いて歩いているわけではないです。ってか、トラブルになったことはないです。少なくとも、ワタシの知る範囲では…。

年齢も職業も収入も、わざわざ聞かない。で、独り者かどうかも聞かない。どうでもいいから。

ただし、仕事に情熱を注いでいるなら、その話を聞くのは好きです。

むしろ、食物の好みは気になる。できればコーヒー好きだとうれしい。他には、ワタシがまったく知らない世界を持っているとワクワクする。趣味とか、音楽とか。

それから、

ワタシは誰かの所有物ではありたくない。何も所有したくない。

だから、たとえ独り者の恋人でも、束縛なんかしない。

 

ワタシといる時間はワタシと…、別の女性といるときはその女性と…、真っ直ぐ向き合っている限り OK…って流儀なのです。

許せないのは、釣った魚に…な状況。

そんな心持ちで、一緒にいる理由がない。

ワタシに限らず、世の女性が、-- ワタシは、あんたの家政婦かよ (-"-) --って思う瞬間は、ここにある気がするのですけど…。

巷には、浮気なんて許せない…って意見がありますけど。孤独感は、釣った魚状態の方が、きっと深い。

他のヒトにとられなくても、目の前の恋人がいなくなる可能性はいくらでもあるのだから。浮気なんてたいした問題ではない…とは思いませんか?

 

ちなみに、奥さんや彼女の悪口をいう男性には、興味なし。だったら、終わりにしろよ…って思うだけなので。

奥さんの自慢話を聞くのは、嫌ではないし、元カノのこともいい女だったといって欲しい。

嫉妬心のない恋愛感情なんて、嘘だ…と云われたりしますが、いったい何に嫉妬するのか…理解できない。

 

以上、恋愛編終わり。

伝えたかったこととは、かなり違う方向へ向かった気がする…。ってか、巧くかけなかったので、ブツブツ文章が切れてますよね^^;。

次からは、違った話をしようと思います。

おひとりさまは、恋愛だけにうつつを抜かしているわけではないので…。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.04.18

おひとりさま事情--恋愛 1。。。

グリーンローズ。まだあったの…といわれそうですが、まだストック写真あります。

Greenrose_080418

-- おひとりさま事情 --、ちょっと腰が引けつつ始めたカテですが、前回のコメの充実振りに、調子に乗って続けます。

 

結婚編に続いて、恋愛編。。。

毒がつよくて人間性に問題があるので、ワタシに恋人ができたら、周りは心配します。

ワタシを…ではなく、恋人の方を…。

 

そんなときのキメ台詞 -- ワタシくらいピュアに恋愛してるヤツいないよぉ!--

オイオイ、40ageだぜ…ってのはこの際、関係ない。ほんとか?…

だって、誰かに養ってもらおうという気はないのである。寄りかかる気もないのである。

だから、相手の収入関係なし。職業もどうでもよし。社会人としてどうか…も気にしない。

さらに、イケメン好きではないのである。

どんな顔でもいいとは云わないけど…。ずうずうしく、好みはあるけど…。あくまでも、雰囲気とか、たたずまいとかであって、それはあって当然ですよね。

つまり、よこしまなセレクト基準はない ( ̄‥ ̄)=3

ただひとつ、-- いっしょにいて、居心地がいいかどうか。一緒にいたいかどうか。--

巧く仕事の段取りをつけて、会う時間を作ろうと思うかどうか。

深夜、寝ている時間にふらりと現れたとき、起きてコーヒーを入れる気になるかどうか。

他になんもなし。ねぇ、ピュアでしょ?

 

ここで、うんうん…と頷いたあなた…そんな甘いことでは詐欺師にだまされますよ。

ピュアなんて、碌なものではないのです。

まず第一に、2人の人間がそこにいて、居心地がいいことばかりであるはずないのです。当然、居心地よくいられるよう、努力が必要なのです。

が、ピュアに他の要素を排除すると、その努力の必要性が減退します。

だから努力も我慢もありません。

ので、居心地悪くなると終わりです。あっさり。

こっちはあっさりですが、そう簡単に先方もあっさりとはいかないこともあります。

トラブル発生σ(^_^;)

 

さらに、大切な要素が抜け落ちてます。気付きました? なんでしょう?

でも、長くなりすぎなので、その2にします。乞うご期待?…

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.04.17

おひとりさま事情--結婚。。。

ムラサキツユクサ。

Tsuyukusa_080417

人様の庭なので、慌てて撮影。日差しが強すぎて、肝心の花が跳んじゃってます。

でも、久しぶりに見かけて感動したので、アップ。

 

いきなりですが、結婚したいと思ったことはないのです。

こう書いてしまうと、話が終わってしまいますが…。

結婚なんてするもんか…と決めたわけでもないのですが、既に10歳のころには、ワタシに結婚はない…と宣言してました。

ちなみに、幼稚園のころは、近所のエフくんに、大きくなったらお嫁さんにしてあげる…と云ってたそうです。やはり、嫁に行く気なし…。

もちろん子供のたわごとなので、周りの大人たちには--大きくなって好きなヒトができたら結婚したくなるわよ--って云われましたが、恋愛はするかもしれないけれど、結婚はないよ…と思ってました。

ませた子供でもなかったので、何故? …謎です。

 

結婚なんて地獄…とは思っていないし、長年連れ添ったご夫婦を、素敵だな…とは思います。残念ながら、2人の祖父を早くになくしてしまったのですが、もし長生きしていたら、ワタシの祖父母だって素敵な夫婦であったと思います。

花の仕事をしていた頃は、ブライダルにも関わっていました。訪れるカップルは幸せそうに見えましたし、もちろん心を込めてブーケを作りました。

でも、すべてはガラスの向こうのことのようで、羨ましいとは感じないのです。

 

周りには独身女がいっぱいいて、もちろん、その中には結婚したいという友人もいます。でも、ワタシの疑問には答えてくれません。

・疑問その1

結婚しているか否かの境界線は、婚姻届を出したか否か…ってことですよね。別に役所に認めてもらわなくても、2人が幸せならいいじゃん…ってことでは、何故だめなの?

・疑問その2

結婚に、ぜったい永遠って保証もないのに、何故、結婚しないと老後が寂しい…という発想になるの?

・疑問その3

たとえ愛していたとしても、恋人は自分とは別の人格なのに、何故、残りの人生を他人に預けてしまえるのか? 挙句の果てに、-- 幸せにするっていったじゃない --ってセリフも理解不能。だって最終的に、自分の人生に責任もつのは自分じゃないの?

・疑問その4

結婚相手募集中という場合、未知の人間に何を期待しているの?

・疑問その5

そもそも、男のけじめ…ってなに?

……などなど。。。

 

ちなみに、飲みの席で、この手の質問を吹っかけると、--はいはい、とりこはひとりが向いてるよ。--と、捨てられます。

結婚しようといってくれた恋人に --何のために? -- と聞いて黙らせてしまった過去があります。

だってわからないんだもん。

ワタシにはわからないので、ワタシには結婚できない。

それだけです。

 

こんな結婚観なので、恋愛観はさらにずれたものになります…。続く…

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008.04.15

おひとりさま事情--孤独癖。。。

しばらく休憩したので、またグリーンローズ。

Greenrose_080415

グリーンローズが咲いた。

先日購入したCDが心地よい。

お風呂には、お気に入りの石鹸の香りがいっぱいで、机の脇には濃い目のコーヒー。公園の夕日がキラキラしていたり、風に乗ってウッドベースの音が聞こえたり。

こんなことで、満ち足りてしまえる…。

 

もちろん一人で活きているなどと、思っているわけではない。

友人たちや、ブログの向こうのヒトの気配や…それがなければ、日々を頑張れないと思う。

返せば、それがある限り、孤独ではないと思う。

 

不思議なことに、周りの男どもには、かわいそうなオンナに見えるらしい。

一人で充足してしまえることは不幸だと。

-- そんなことしてたら、いつまでたっても幸せになれないよ --

そう云うのは、何故か男のヒトで、女は云わない。

友人でも、恋人でも、触れられるくらい傍にいて、それでも触れられない心があって…

それ以上に孤独な場面なんて、思いつかない。

誰かに寄りかかりたいと思ったことがないので、そのヒトの不在に孤独を感じることはない。

 

こんなことを云うと、どんな不幸な過去があるんだ…と云われそうだけど、どんな不幸な過去もないです。

子供の頃、本さえあれば満たされていた。

そのままに、大きくなってしまっただけです。

 

いつもと、文章の感じが違うかな…。

昨夜エンドレスでかけていた、フォンタナ(先日ゲットしたCD)。すっかり嵌まってまして、そのせいかもしれません。

…にしても、このカテ、不用意にポロッとなんか書いちゃいそうで怖いな。。。

どんな過去もありませんけどね。ホントニ…

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.04.14

おひとりさま事情--はじめに

頑張った後には、いいことあります。

Park_080414

公園の夕日は、木々の間でキラキラしてるし、猫は遊んでくれるし、どこからかウッドベースの音は流れてくるし…気持ちの良い、夕暮れでした。

本当は、猫の写真摂りたかったのだけれど、慌ててて、塀しか写ってない…。残念。

 

新しいカテ作りました--おひとりさま事情--。

ひとりものが書いてるブログなので、すべてがおひとりさま事情なのですけど、Leeさんにつられて、少し掘り下げてみようかな…と。

大学生活とともに一人暮らしをはじめて、それから20年以上の月日が経っているわけです。驚きますが。

妹との同居が4年、恋人とは、全部併せても1年くらい…すべて、経済的・仕事的な理由からで、望んでヒトと暮らしたことはありません。

どうしても自分の空間が必要…というか、帰る場所を確保しないと不安でした。仕事もその原動力のようなものです。

こんな人間のおひとりさま事情なんて、つまらんものですけど。

気が向いたら、お付き合いくださいませm(_ _)m

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<励みになってますので、ヨロシク。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)