« 仕事のこと--仕事遍歴その6 | トップページ | 日々のこと--思わぬ貯金 »

2008.02.02

日々そしてお金のこと--適正価格

小学生の頃、「適正価格」という言葉を習ったと思います。需要と供給で市場のバランスが…云々。

 

周りを見渡す限り、定時で終業なんて職場を殆ど知りません。仕事があるのはありがたい…とは思うけれど。

単価の下降と納期の短縮。職人的な仕事は減少しているので、どうしてもその辺が競争になるようです。

現場はパンク寸前。それでも伸びない利益。コスト削減のため、ミス厳禁。ISO。トレサビリティーによる責任の所在。所詮は人間です。長時間労働が続けば、注意力は持続しえないでしょう。ロボットではないのだから。その先にあるのは労働意欲の低下。クオリティーの低下。

結局のところ、誰の為、何の為の単価下降・納期短縮なのか理解できない現状。身近にある問題。

 

ニュースを見て思うこと。

近くのスーパーでよくみかける「冷凍食品4割引」セール。立ち行かなくなっている日本の農家、国内での生産コスト、結果としての中国への依存。「農薬混入餃子」の背景にあるもの。安価な価格と引き換えになっているリスク。

ガソリンの価格に計上されているらしい投資家の思惑。もしかすると役人の浪費も。

派遣労働者の賃金・待遇問題。原因は、価格競争のしわ寄せか、だれかの搾取か。

 

再度、自分のこと。

借金の利息。仕事を継続する為の対価。だらしない消費生活への対価。

 

受け取るお金、支払うお金。

高いとか安いとか…そんな単純なことではなく、それぞれ対価として本当に妥当か?本当に適正で公正か?

そんなことを考えました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<<にほんブログ村です。ワンクリックいただけるとうれしいです。

|

« 仕事のこと--仕事遍歴その6 | トップページ | 日々のこと--思わぬ貯金 »

コメント

はじめまして。私のブログに訪問していただきありがとうございます。リンクを貼らさせていただきました。ともに頑張りましょう。リンク不都合ありましたらコメントくださいね。

投稿: 猫の目くるくる | 2008.02.02 00:51

早々にご訪問いただきまして、ありがとうございます。
当方にもリンク集を作らせて頂きました。
ひとりよがりな駄文が多いですが、どうぞ宜しく。

頑張っていきましょう。

投稿: とりこ | 2008.02.02 01:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々そしてお金のこと--適正価格:

« 仕事のこと--仕事遍歴その6 | トップページ | 日々のこと--思わぬ貯金 »